今の普通は数年後には「ちょんまげ」かも♪自由に新しい暮らしを創造しよう。

いいことあるコム

いいことある

人と会うと疲れるから出掛けたくなってしまう原因と対処法は?

投稿日:

【人と会うと疲れるから出掛けたくなってしまう原因と対処法は?】

あなたはこんな経験ありませんか?

  • 出掛けて帰ってくるとぐったりして横になって睡眠をとらなきゃ何にもできない、、、
  • 人がお家に来て帰ったらぐったりしてしまい家事ができない、、、
  • バイバイしたとたんエネルギー切れを起こしたみたいに体が動かなくなっちゃう、、、
  • 仕事から帰ってくるともうお家のことができなくては這うように眠りにつく、、、
  • 電池切れを起こして、この先社会でやっていけるか不安、、、
  • 人と会うと疲れすぎちゃって人間失格なのでは、、、

もし、一つでも当てはまることがあったら、今回の記事はあなたの為の記事かもしれません?!

普通の生活ができるようになるかも?!

 

人間って大変(+o+)

上記に挙げたこと、実は私が思っていたことです。

この先、社会でやっていけるのか、、、って正直不安を感じておりました。

ですが、克服して今は外で人と会う仕事をして帰宅してからは家事をして子育てをしております(*^^*)

上記に当てはまらない人にとっては普通のことだと思うのですが、当てはまる私にとっては結構な死活問題でした。

ばらいろん
大変だったよ~
克服できてよかったね^^
妖精

さて、どうすればよいのか。

社会で生きていくうえで、人と接するのを避けていては生活ができません。

無人島で自給自足生活をしない限り、人とのつながりで人は生きていることを認めざるを得ません。

だから、人と上手に関係をとっていくことが大事なのです。

上手な人間関係の取り方

どのように関係を取っていくか。

それは、自分自身も相手に対しても『無』の状態で接するということです。

上記のような状態は、実は反応しすぎているのです。

エンパス体質の方はこうゆうことがあったりします。

 

色んな情報をキャッチ出来るものだから、自覚の有無関係なく、相手の情報をキャッチして自分自身に取り込み自分自身が反応しすぎちゃってぐったりしているのです。

昔、鈍感力という本が流行りましたね。

 

ただ、頑張って反応しないようにするのは、その時点でもう情報をキャッチしちゃっているので躰は疲弊しています。

自分の状態を『無』の状態にしてそのまま相手にも『無』の状態で接するのです。

もちろん仕事や会話はちゃんとしますが、余計なところをみない。

物事の中心だけを見てその他の部分は見ない。

物事の中心に常に集中している状態。

自分自身もセンターに常に心、思考があるようにしておく。

相手を見るときも、同じく相手の中心だけを見る。

物事の本質だけを見る。

周りの余計なものは見えないくらい中心に集中している状態を保つ。

ばらいろん
むむむつかしい?

こう書くと難しそうに感じるかもしれませんが、自分の中心を常に見ている状態は、自分の心が波経っていなくて心穏やかでとても暮らしやすい状態です。

平穏無事な状態でとても楽ちんだよ^^
妖精

その為に、自分の人生を気持ちよく生きている人たちの中には、必要のないものを目の前に置かないようにして必要なものだけで暮らすようにされている方もいらっしゃいますよね^^

いわゆる、断捨離。

 

それを、自分の心の中や相手と接するときも同じように断捨離するのです。

自分の中心にいながら相手の中心と接する。

そうすると、『無』の状態で接することになり、余計なものは付かないし疲れることはありません。

無=空

相手の周りのゴチャゴチャしている部分を満たしてあげるよりも、中心を満たしてあげたほうが満足度が高く気持ちよくコミュニケーションが取れます。

ゴチャゴチャしているところを満たしても結局ゴチャゴチャのままで解決にはなっていないのです。

だから、相手の本質のところで付き合う。

その為に、自分を『無』の状態にしておく。

そうすると、余計なものは引っかからなくなりとても楽にコミュニケーションを取れるようになります。

そして、気づけばぐったりして何もできなくなることが無くなるかもしれません。

 

人の中心ってどこ?

ばらいろん
ところで、どこが自分の中心なの?

中心に集中しているとよいのは分かったけど、どこが自分の中心なの?

 

それは、どこなのでしょうね^^

一つの考え方として、、、

人と人がコミュニケーションをとるときに、お互いの目を見ますよね。

目を見て話されていないと、人の話を聞いていないように思われたりもします。

その点から、目を見て話すというのは一つのポイントですね。

ただ、目は二つあるので、中心とは言いかねるように感じます。

だから中心は頭の真ん中。

頭の中心を真ん中として考えみてはいかがでしょうか。

あなたの中心も頭の真ん中として、五感などすべての感覚を頭の中心にベクトルを向ける。

相手の中心を相手の頭の中心だと思って脳の真ん中を見て接する。

そうすると、相手も目を見てちゃんと話を聞いてくれているという気持ちにもなってくれ、かつ、相手の中心を見てこちらもコミュニケーションをとるので、そのほかの情報に気を取られずに、相手の需要にこたえることもでき満足度の高いコミュニケーションが取れ、人と会った後に疲れるということがなくなるかもしれません。

 

自分自身が意識していなくても、相手の思考をキャッチしちゃっているのです。

相手の中心だけどつながれば、余計なものはキャッチしなくて済みます。

中心は『無』であり、『空』であり、『純粋な心』だからです(*^^*)

 

 

繋がるところを意識するだけで、こうゆうエンパス体質の方は暮らしやすくなりますよ^^

そして、そのエンパス体質を有効に使いこなせるようになってきますよ♡

 

iikotoaru.com/記事コンテンツ下(PC) 336×280A

iikotoaru.com/記事コンテンツ下(PC) 336×280A

-いいことある

Copyright© いいことあるコム , 2020 All Rights Reserved.