今の普通は数年後には「ちょんまげ」かも♪自由に新しい暮らしを創造しよう。

いいことあるコム

星読み

星の読み方:12星座を3つのグループに分けて捉える

投稿日:

12星座の特徴を3つのグループに分けて捉える考え方もあります。

活動宮・固定宮・柔軟宮

4つの心の動機や働きの種類としたら、この3つは行動の仕方を表します。

活動宮は、活動型。まずは動いて、すぐに始める

固定宮は、熟考型。しっかりと考えてから、じっくりと始める

柔軟宮は、柔軟型。その場の流れに合わせて始める

このように、すぐ動きたいタイプと、じっくり考えてから動きたいタイプと、その場の雰囲気で動きタイプに分けることができます。

それぞれの星座は、

活動宮:おひつじ座、かに座、てんびん座、やぎ座

固定宮:おうし座、しし座、さそり座、みずがめ座

柔軟宮:ふたご座、おとめ座、いて座、うお座

となります。

活動宮

活動宮は、始める力、スタートさせる力があります。ですが、維持する力はないので、最初の種火、言い出しっぺのような感じです。活動宮から、動きが始まるので、活動宮の力が弱いと、なかなかスタートを切りにくくなります。

創業者

固定宮

固定宮は不動宮とも言われます。

活動宮で動き出したものを、続けていく力があります。持久力を維持したり、エネルギーを貯めておくような性質です。

二代目、後を受け継ぐ人、じっくり描く芸術家

柔軟宮

柔軟宮はその場の空気を読んで機転を利かして動きます。

柔軟宮から何か新しいことを始めることは、なかなかハードルが高いが、一つのことをそのまま同じ形で続けるのではなく、臨機応変に変化させて動いていきます。

変化に足して柔軟に対応し、調整したり柔らかな温和な性質です。

ちなみに、柔軟宮が強すぎると、決断力や積極性に欠けることもあります。

優柔不断な方は、柔軟宮の影響を調べてみてもおもしろいですよ^^

 

iikotoaru.com/記事コンテンツ下(PC) 336×280A

iikotoaru.com/記事コンテンツ下(PC) 336×280A

-星読み

Copyright© いいことあるコム , 2020 All Rights Reserved.